2005年10月30日

BLEACH

とうとう買っちゃった(もう何とでも)

夏芽さんとこのコメントではお話してきたんですが、家族巻き込んで買っちゃいました。
たまにここでも話題に出していたBLEACHです!
キッズでアニメやってからだんだん身近な漫画になりつつなってしまいました。
それに次男が頼んでもないのにアニメを録画してくれるんですよ。

昨日気付いたんですが、こっちでも土曜朝7時にやってました。
朽木隊長と恋次の戦いのモノ。これもこれから平行して録画。

『お母さん!ブリーチ録画予約しといたからね!』

こんな時だけものすごく言い方がかっこよい。

旦那はちゃんとアニメ見てる訳じゃないんですが、古本屋にみんなで行ったとき19巻まで各巻300円で売っていたので、買っちゃえと(他の古本屋にはなかったんでね)
本当はドラえもん目的だったんだけど、私と次男の足の運ぶところがブリーチだったのでその流れでです(てへ)

19巻まで一気に読みましたよー
確かにおびすけさんの言うとおり、戦い戦いの連続ですね〜
正直こういうの私も苦手なんですが、魅力的なキャラがいっぱい出てるのでなんとかついていけそう、かな(ホントか?)

夏芽さん推薦の一織、私もこの組み合わせが好きです。
ていうか織姫みたいな子が好きなんだな私。石田と織姫、チャドと織姫……なんでも良い。
これは夾に対する私のキャラ萌え感覚と似てる。夾が透を好きだからこのカプが好きなのであって、最後の所は夾なら何でもよいとなる。
一護ですが、性格といい前向きさといい完璧すぎ。カワイイ一面見られたらホッとします。
ていうか、かなりフルバと似てる設定があると思った。

例えば織姫がお兄ちゃんの死んだ日に『行ってらっしゃい』が言えなかったことの後悔とか、一護の母親の死の原因が自分にあると思っているトラウマ。

◆気になるキャラ
浦原喜助(紫呉っぽい)いいわー、こういう人好き。夜一さんとなんかあったら嬉しい(ないんですか?)
日番屋、吉良→雛森→愛染なんすかね?何で愛染って人死んだのか分かんない。えらいあっけない人やったな。

市丸ギンって人がテニスの王子様のフジって人に似てると次男が言ってるんですが、私はワケが分かりません。ホンマですか?

浮竹さん病弱イイ!病弱なのに強いという設定はキャプ翼の心臓悪い子思い出した。何て言ったっけ?好きだったなー。

乱菊さんは市丸さん?

つーわけで、19巻一気読みはまだまだ穴だらけでございます。勘違いして読んでるところいっぱいあると思う(それはこれから……)
posted by まーこ at 11:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

ヤングユー廃刊?休刊?

ヤングユーと言えばハチクロなんです(それしか知らん)
ハチクロは本誌立ち読み。
そういえば私のブログってハチクロをカテゴリに入れてますがさっぱりですな。
最新刊もいつのまにか出てたらしく(8巻……?あれ?)買ってもいませんがな。
なんていうか、恋に決着らしきものがもう出ちゃってるからさほど熱いものは出てこなくなったみたいです。いや、それでも続きは気になるんですが。

で、本題。
ハチクロはヤングユーで連載されていますが、その前は他の雑誌で連載されてたようです。
そこが廃刊になり、今のヤングユーに移籍されたわけですが、
なんと、そのヤングユーも休刊だか廃刊だかなんだそうで。
なんていうか、掲載雑誌に恵まれないお方ですね。
ヤングユーなんてハチクロ効果すごいと思ってたのに。

ヤングユー作家の受け皿が「NANA」連載中のクッキーと私の大好きなくらもちさんの掲載雑誌コーラスに振り分けられるという……多分ホント。

で、問題のハチクロはどうやらコーラスらしいんですね。
私としたらかなりうれしいです。コーラスの方が思い入れのある作家さんがいるので。
さらに羽海野さんが来てくれたら部数上がるんじゃないですかね??
なんとなくコーラスも勢いが感じられなくて。

あ、そういえば「YOU」っつーのもある。ごくせんが載ってる雑誌。
あれはどうなんでしょう……?ごくせん以外なんかあるんかな(失礼すぎ)

もう一つ、吉住渉先生もコーラスに来るとか来ないとか??
この先生は今でもかなり現役の位置付けなんですねー。すごいなー。
私は小中とりぼん愛読者だったので、吉住さんや矢沢さんのデビューはなんとなく覚えてます。吉住さんは池野恋先生の看板を引き継いだ印象があります。
ハンサムな彼女って私初期の頃読んでたと思う。
その前って四重奏ゲームだったか(こんな感じのタイトル)好きだったなー。

(また脱線)
言いたいのは、大好きな作家さんがかなりコーラスに集まってくれるのかも?ってことです。
買うかどうかは別として、コーラスが充実したものになってくれたら……と思います。
やっぱり好きな作家さんがいる雑誌が廃刊なんて悲しいからね。
posted by まーこ at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

コミックバトンだ!

ドラネコさんからコミックバトンを受け取りましたよ。ご指名どうもです(*^_^*)

漫画は結婚前は多分500冊はあったと思う。結婚後、実家がリフォーム、そのとき母親が処分してくれと言ってきた。自分ちに持って帰れなかったから全部古本屋で処分。5千円くらいになったかなあ。この頃は漫画に興味なくなっていたのに。今はまた再燃してるけど(笑)

■本棚に入ってる漫画単行本の冊数
本棚には30冊くらい。処分したのに買いなおした漫画もちょこちょこあったりする。そういうのは箱の中。全部で100冊くらいか??

■今面白い漫画
そりゃフルーツバスケットでしょ!妹の旦那さんが持ってた漫画を借りたのが始まり。
でも最初は絵が受け付けんかった。
それが今じゃ・・・ここまで私をおかしくさせたフルバ、恐るべし。

■最後に買った漫画
フルーツバスケット17巻。

■よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画
・わたしのあきらクン/しらいしあい
これ文庫化なんないのかなあ。古本屋探しても見つからない。
多分初めて読んだ少女マンガかも。
あきらクン、みいこ、カーコ、島先輩の関係がかなりリアルです。結構ドロドロなんです。
ほんとにあきらクンがアホでみんなが振り回された。でもみいこはやっぱりあきらクンなんだ。未来の二人の子供がパソコンでメールしてます(笑)

・キャンディキャンディ/いがらしゆみこ
テリィとの別れ、ステアの死、アルバートさんの素性…このマンガで何度涙したことか!
テリィとキャンディの悲恋は未だに心に引っかかる。

・闇のパープルアイ/篠原千絵
これも泣いた。倫子と慎ちゃんが最後まで切ない。最後の最後で倫子が自分を取り戻せたのが救いなのかも。

・サイファ(CYPHA)/成田美名子
これは今にして思えばフルバのようなダブルヒーローに近いんじゃ?
シヴァにはアニスを好きになって欲しかったとも思ってる。シヴァは由希っぽいなあ。
シヴァもアニスの事は『親愛』に近いものだったと思う。
5巻までの展開は私にとって神。

・天然コケッコー/くらもちふさこ
大沢君ラブ。これにつきる。性格悪いのに何故私はこういうのに弱いんだ。

これ以外にイタキス、花男(途中まで)もかなり嵌ったなあ。

■バトンを渡す5名
凪砂さん、おびすけさん、夏芽さん、もしよかったらどうぞ!
posted by まーこ at 22:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 漫画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

コーラス8月号 くらもちふさこ「駅から5分」

今日も少年野球観戦(あー疲れた)
夕方、買い物ついでに立ち読みしてきました!
時間がなくてもこういう事はやめられない、恥かしい性…

でもくらもち先生の作品は立ち読みで理解する方が難しいからなあ…今回の話も分かったような分からんような…そんな作品。
独特の『間』や、さりげない伏線、後から読み直すとここが伏線だったんだ!
と気付かされるから、後で必ず購入となる。

で、「月のパルス」連載終了後の待望の新シリーズ。
私が最初に気になるのは「絵」なんですが、あまり崩れてなかった…(ヨカッタ)
最初の1ページ目で早くもやられたかも、記憶喪失前の沢田君の表情がイイ!
記憶喪失後とではとても同一人物ではない気がするけど(^^;)

立ち読みだったから細かいセリフや設定、登場人物の名前もあいまいなんですが、少しあらすじを。

自分に自信のない女の子(藤坂さん?)がクラスのお調子者風の沢田君に「付き合おう」と告白される。だが、何故沢田君が自分に気があるのか分からない。
そんなとき、沢田君が事故にあい、幸い命に別状ななかったが記憶喪失になってしまう。
記憶がもどらぬまま沢田君は学校に通う事になるのだが、以前と違い真面目な青年になり、クラスのみんなを驚かす。
記憶喪失前に自分を気に入ってくれた沢田君はいるはずもなく、寂しい気持ちになるが、
記憶を取り戻したい沢田君に付き合い、一緒に以前の沢田君を辿ることになる。

適当だけど、こんな感じ??(全然解釈違ってたらどうしよう・・・)
最後はいい感じで終わってるんだけど、何しろ新シリーズだから。
気になるキャラもところどころ出てる。女の子側に絡みそうな素敵な先輩とかね。
今回の話や登場人物(特に沢田君)もかなりよかったので是非是非新連載してほしい!!

そういえば「月のパルス」全2巻出てるんだった!引っ越してから買おう…我慢。

続きを読む
posted by まーこ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

ハチクロ 7月号

立ち読みしてきましたが、急かされパラ見。
今号もまだまだあゆが切なかった。
今号から暫くあゆサイドの話がないと思っていたので内心『ヤッタ!』
はぐサイドの話ももちろん気になるんだけど、今はやっぱり野宮さんとどうなるのかが一番関心があるので。

1.運転免許取得のため極貧生活をしている竹本。
2.森田がなぜ大金を稼ぎ必要としているのか。
3.真山はいざというときの為に貯金している。
4.野宮が帰って来た事をうれしいのに苦しいと思うあゆ。

こんな感じかな。

真山はリカにいつでも「休め」と言えるようお金を貯めている。
いざとなったらお金だもんね。何にでも言えるんだけどお金があるとやっぱり行動がおこせるんだよ。精神力だけで立っているようなリカをいつか自分が支えられるように真山は考えているんだろう。なんか・・・考え方がこう・・・女心をくすぐる(なに書いてんの!ハズカシ)
こう、直球に一生懸命さを見せ付けられたらたとえストーカー真山だったとしてもグラつくってもんですね。真山の場合カッコいいからこんな行為も大目に見て当たるのだが。

一方のあゆは鳥取での野宮からの告白に戸惑っていた。本当はうれしいのにそれを認めたくない。真山を好きだった自分がいなくなるようで、それが許せなくて。真山にこの思いを思い知らせてやりたい。野宮に惹かれている自分をまだ認めたくない。でもうれしい。

もうここら辺の心情がが切ない。だけどこの二人のシーンはあゆが野宮をすごく意識したシーンですよ。その手をとれあゆ!もういいやろ、まだ引っ張るか!!

ここまで進んで、もうほぼあゆ野宮が成立しそうな時に、真山がこの二人の事を知ったらどう思うのかがまた気になる。前は親父のようにあゆを心配してた真山だけど、そんな資格ないことを修ちゃんに指摘されてたから、まあ・・・見守るんだろな、普通。寂しいけどまた心配しだしたら話がループしちゃうからね・・・・うん、やっぱりなんていうか・・・それも寂しい(結局どうなってほしいと?)
posted by まーこ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

YOU ごくせん

近所のママ友にコミックスを借りて読んでいたのだが、引越しちゃってそれ以来本誌を立ち読みするように。あの本って高いし、借りて読んでたから今更買うのも・・・・な感じなんだけどやはり久美子の恋の行く末は慎ちゃんか篠原先生なのか気になる。

今号感想。

篠原「君だって組長や皆と縁を切って違う生活は送れないだろう?」

やっぱりこの言葉をどうとるか。
篠原先生はどういうつもりで言ったのか?久美子はほのかな期待をしてる感じだけど
篠原先生の肩を脱臼させちゃってまたこの話が流れちゃった。
とくにあのセリフの意味は篠原先生的にはないんだろうけど、単独横顔のカットが気になる。

慎ちゃん好きだけど私は篠原先生派。
本音はどっちでもいいからいい加減何かしらの進展が欲しい。
いつもはぐらかされるもんなー。
posted by まーこ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

「天然コケッコー」くらもちふさこ

今日は4年ぶりの友達に会いました!ずっとお互いが貸し借りしたままの本を返すためというのが主な理由です。最後に会ったのは友達の出産祝いを持って行った以来なので、時の流れを感じました。だってあの時病院で見た赤ちゃんはもう4歳になってるんだから!
お昼は大型ショッピングセンター内にある豆腐料理専門店で豆腐の創作料理を食べてきました。今度からもうちょっと頻繁に会おうという事になり、社交辞令にならないよう連絡を怠らないようにする約束をしてきました。結婚してしまうとお互いのスケジュールをやたら気にするようになって疎遠になっちゃうのよね。これからは気をつける。

今日返してもらった漫画ですが、大好きなので紹介します。
「天然コケッコー」大好きなくらもちふさこさんの漫画です。
彼女の描く男の人ってすごくカッコいいのです。
結婚してから全ての漫画を処分したのに後から買いなおした漫画ってくらもちさんの作品くらいかもしれない。
「天コケ」は結婚してから知りました。以前の絵と全然違っていたので敬遠していたのだが、本屋で1巻の見本があったので立ち読みしたらすごく面白くて一度に全14巻を揃えてしまったくらい嵌った作品です。難を言えば後半絵が崩れているのがな・・・くらもちさんの味なんだろうが(多分わざと崩してる)最初の絵のままでいて欲しかった。

くらもち作品の中でも大沢広海君はフルバの夾以前の大ハマリキャラです。
はっきり言って大沢君の性格は結構いい加減で良いとはいえない。
そよちゃんの住むド田舎に東京から今時の男の子(大沢君)が転校してきたのが物語のはじまり。大沢君が田舎を小バカにするあたりがリアルです。
でも等身大の男の子として描かれているので親しみやすい。

■大沢君の人物像

1.東京のイマドキの子なのでおしゃれでかっこいい。
2.初体験は友達の前ではとっくに終わっていることになっている。
3.女の子にもてる事を自覚している。
4.友達との約束も平気で破る。
5.浮気もする(してないと言っているが絶対していると思う)

これだけだったら大沢君は嫌な男で終わるんだけど、大沢君の彼女(そよちゃん)がいい味を出しているのである。
田舎の娘だし、鈍感。東京出身の大沢くんと付き合うが、どこか冷めていて問題にぶつかると逃避する癖がある(大沢君の浮気問題とか)
少女マンガには珍しい、なんて盛り上がりの欠ける展開!
でも読めば分かるのだが、たまに垣間見れる大沢君がそよをすごく大事に思ってるところとか、東京から帰ってこなくなった大沢君をどれだけ好きだったかに気付くそよちゃんがすごく切ない。
いつのまにかそよの気持ちになって彼女と同じタイミングで涙してしまう。
田舎が舞台だから特に何もない毎日の中の出来事のお話です。

大沢君の「態度で分かるだろ?」的なオーラが好きです。たとえ他の女の子と浮気していてもね。

機会があったら是非読んでみて下さい。たくさん登場人物が出てきますがみんな個性的なところも好きです。
posted by まーこ at 22:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 漫画全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。